TAG : 関数

wordpress the_excerpt() で表示される &nbsp

2014年7月3日

エディタのビジュアルモードで投稿を作成する(ブログを書く)際、改行する時に「Enterキー」を押すと「 」が挿入されてしまう。 この挿入された「 」が、抜粋の文字数の指定した位置(デフォルトの110文字か、excerpt_mblength で設定した文字数)あたりにあると「&nbsp」や「&nbs」、「&nb」、「&n」という文字が抜粋の最後に表示されてしまうことがある。 それらの「&nbsp」や「&nbs」、「&nb」、「&n」という…

続きを読む

wordpress URLを出力する際に bloginfo() に代わるテンプレートタグ

2013年4月25日

bloginfo()の以下のパラメータを使うのに代わる推奨されているテンプレートタグ。 (get_bloginfo() でも同じ) bloginfo()に代わるテンプレートタグ bloginfo()パラメータ (get_bloginfo()) 推奨されているタグ 意味 ‘wpurl’ echo site_url($path, $scheme) 「一般設定」の "WordPress アドレス (URL)" $path:(省略可) サイトURLに追加する相対パス。 $scheme:(省略可) URLスキーム。 &#…

続きを読む

wordpress 個別ページで前後の投稿にリンクする関数

2013年4月25日

個別ページで前後の投稿へのリンクを出力するには、以下の関数を利用できる。 previous_post_link/next_post_link 関数 パラメータ:フォーマット、リンク、同一カテゴリー限定、除外カテゴリー 戻り値:なし 利用可能箇所:投稿の個別ページのテンプレート(single.php) パラメータを一切指定しない場合 「« 前の投稿」「次の投稿 »」のような文字列(リンク先のタイトルを表示)を出力し、その部分を前後の投稿へのリンクにする。 「«」「 »」は文字実態参照の「«…

続きを読む

wordpress 編集用リンクを出力する edit_post_link

2013年4月23日

現在の記事の管理画面へのリンク(編集用リンク)を出力するには、edit_post_link() を使用する。 ユーザが管理ページにログイン済みで編集権限がある場合のみ編集用リンクが表示され、ログインしていない場合や、編集権限がない場合は表示されない。 Codex にはループ内で使用しなければならない( It must be within The Loop. )とあるが、ループ外でも使えるみたいで、header.php など共通のテンプレートに記述する場合は、is_single() を使えば、個別ページの場合のみ表示することができる。但し、原則はループ内と…

続きを読む

wordpress 記事が属するカテゴリーとタグを表示

2013年4月22日

記事が属するカテゴリーは the_category() で、タグは the_tags() で出力することができる。 「CATEGORY:カテゴリー名 | TAG: タグ名」という形で表示する例 複数のタグやカテゴリーを表示するときは「,(カンマ)」で区切るように指定する。 また、カテゴリーやタグを指定せずに投稿を保存した場合、 「カテゴリー」は初期状態で用意されたカテゴリー(未分類)に分類される 「タグ」は未指定のままになる つまり、カテゴリーは必ず存在するが、タグは存在しない可能性があるので「| TAG:」という文字列は、タグが存在する場合のみに出力す…

続きを読む

wordpress WordPress でカスタムフィールドの値を元にリンクを出力する

2013年4月21日

個別ページやサイドバーにカスタムフィールドの値を元にリンクを出力する方法。 注意点としては、カスタムフィールドの入力などから受け取る値の出力に関しては、必ずエスケープ処理の関数を用いる必要があるということ。 以下は、個別ページの場合に、特定のカスタムフィールドが設定されていれば、サイドバーにカスタムフィールドの名前と値を使ってリンクを出力する例。 カスタムフィールドの名前:参考サイト カスタムフィールドの値:サイト名と URL をカンマ区切りで指定 以下を sidebar.php に記述する。 get_post_meta($id, $key, $flag…

続きを読む