HTML/CSS

HTML, CSS 及びその他全般(他のカテゴリー以外)のメモ

Webサイトのメンテナンス中画面を出す方法

2013年6月13日

Webサイトをメンテナンスする際に、どのURLにアクセスしても「現在メインテナンス中です」というページを表示する方法。 メンテナンスを知らせるページ(HTMLファイル)を作成し、サーバーのドキュメントルートに maintenance.htmlという名前(任意の名前)で保存。 上記と異なる名前(または保存場所)でファイルを作成した場合は、以下の「/mainte…

続きを読む

フロートプロパティ

2013年6月2日

フロートについてのメモ。 自分がよく忘れがちなのが、width の指定。 フロートさせる要素自体についてもだが、その親要素にも適切な幅を指定(確保)しないとフロートされないなどはまってしまうことがある。 float プロパティは、指定したボックスをフロートさせて、通常フローから外し、左または右に寄せることができる。 float プロパティを指定するボックスは…

続きを読む

Google Web Fonts がブラウザによって表示が異なる

2013年5月15日

Google Web Fonts をタイトルのロゴに使用しようとしたが、ブラウザによっては文字がきれいに表示されない。自分の Windows の環境では Firefox と IE ではきれいに表示されるが、Chrome、Safari、Opera では、文字の周りがぎざぎざしていてちょっとそのまま使用するのは難しい。 検索したところ、CSS3 の text-s…

続きを読む

www の有無

2013年5月5日

301リダイレクトを利用 「www あり」で運用するのか、「www なし」で運用するのか。 どちらにしても、301リダイレクトを利用しどちらかに統一するようにする。以下は「Google ウェブマスターツール」からの引用。 「www あり」に統一する場合は、以下を「.htaccess」ファイルに記述。(example.com の部分を自分のドメインに変更) R…

続きを読む

テキストのインデント幅の指定

2013年4月26日

テキストの最初の行のインデント幅を指定するには、「text-indent」プロパティを利用する。 指定する値は「長さ」または「パーセンテージ」で指定し、マイナスの値も指定可能。 マイナス値を指定してボックスの外にはみ出した部分の表示は、「overflow」プロパティで制御する。 以下の例の場合、クラス「indented」を指定した p 要素の最初の行は「1e…

続きを読む

CSS3「rem」/ フォントのサイズ指定

2013年4月26日

ベースフォントとして html に「%」を使ってサイズを指定 html 要素にフォントのサイズ(ベースフォント)を一つ定義して、すべての子要素を「rem」で定義する。 フォントサイズを指定したい要素に対して、12px で指定したい場合は、「font-size: 1.2rem;」と記述する。 サポートしていないブラウザに対しては最初に「px」を指定し、その後に…

続きを読む

引用文(blockquote 要素)を画像を使って装飾

2013年4月26日

引用文として定義するには blockquote 要素を使用する。 blockquote 要素はブロックレベル要素だが、直接インライン要素をやテキストを含むことができないので、p 要素などの他のブロックレベル要素を含まなければならない。(HTML5ではブロックレベル要素とインライン要素の分類はない) WordPress では、blockquote 要素を記述す…

続きを読む