htmlcss google-code-prettify を使ってシンタックスハイライト

2015年3月29日

google-code-prettify を使ってシンタックスハイライトする方法のメモ。

google-code-prettify の最も簡単な方法はオートローダーを使う方法で、以下をヘッダー部分に記述して、表示する部分を pre 要素で囲み、pre 要素に「prettyprint」というクラスを指定するだけ。

<script type="text/javascript" src="https://google-code-prettify.googlecode.com/svn/loader/run_prettify.js"></script>

但し、オートローダを使う方法だとカスタマイズが難しいので google-code-prettify からファイルをダウンロードして使う方法について記述。

関連ページ:WordPressのショートコードでシンタックスハイライト

目次

google-code-prettify のダウンロード

google-code-prettify のページ(https://code.google.com/p/google-code-prettify/)の「Download」からファイルをダウンロード

google-code-prettify_01

「prettify-small-4-Mar-2013.tar.bz2」と「prettify-4-Mar-2013.tar.bz2」があるが、この例では「prettify-small-4-Mar-2013.tar.bz2」をダウンロード。

google-code-prettify_02

  • prettify-small-4-Mar-2013.tar.bz2:圧縮版の js ファイルと css ファイル
  • prettify-4-Mar-2013.tar.bz2:js ファイルと css ファイルの他にドキュメントやテスト等が含まれている

google-code-prettify_03

google-code-prettify からダウンロードした「prettify-small-4-Mar-2013.tar.bz2」を適当な解凍ソフト(Lhaplusなど)で解凍。以下は解凍したファイルの例。

google-code-prettify_04

google-code-prettify のファイルの読み込み

解凍したファイル「prettify.js」と「prettify.css」を適当なところに配置。(この例では「prettify」というディレクトリに配置)

「prettify.js」は body の閉じタグの直前等で読み込む。(src のパスは環境に応じて変更)

更にスクリプトタグの中で prettyPrint() 関数を実行。

<script src="../prettify/prettify.js"></script> 
<script>
  prettyPrint(); 
</script>
</body>

jQuery を使っていれば、以下のような感じ。

<script src="../prettify/prettify.js"></script> 
<script>
jQuery(function($){
    prettyPrint(); 
});
</script>
</body>

「prettify.css」は head 内で読み込む。(href のパスは環境に応じて変更)

<head>
・・・中略・・・
<link rel="stylesheet" href="../prettify/prettify.css">
</head>

google-code-prettify の基本的な使い方(英文)は以下のページにある。

google-code-prettify/GettingStarted

google-code-prettify のスタイルのカスタマイズ

google-code-prettify のテーマギャラリーのページ(http://google-code-prettify.googlecode.com/svn/trunk/styles/index.html)で好みのスタイル(テーマ)を選択すると、そのスタイルが表示されるのでそれを利用。

この例では「Desert」を選択して利用。

google-code-prettify_05

google-code-prettify_06

表示されているスタイルをコピーして「prettify.css」の既存のスタイルを削除して、ペースト。

また、デフォルトでは行番号の表示は「5」の倍数のみが表示されるので、全ての番号を表示するにはCSSファイル「prettify.css」の最後の方にある li.L0,li.L1,li.L2,li.L3,li.L5,li.L6,li.L7,li.L8{list-style-type:none;} の部分の記述をコメントアウト。

ついでに、見栄えを変更するために以下を追加して行番号の横にライン(border-left)を出力して色とパディングを調整。

/*li.L0,li.L1,li.L2,li.L3,li.L5,li.L6,li.L7,li.L8{list-style-type: none;}*/
li.L0,li.L1,li.L2,li.L3,li.L4,li.L5,li.L6,li.L7,li.L8,li.L9{border-left:solid 1px #EBB15E; padding-left:0.5em;color: #999;}

google-code-prettify の使い方

pre タグに prettyprint のクラスを付けて、シンタックスハイライト表示させたいソースコードを記述。

<pre class="prettyprint">
   ソースコードを記述
</pre>

行番号を表示するには、クラス「linenums」を追加。

<pre class="prettyprint linenums">
   ソースコードを記述
</pre>

特定の行番号から表示させるには「linenums:30(30行目が先頭)」のようにする。

<pre class="prettyprint linenums:30">
   ソースコードを記述
</pre>

更に必要に応じて、div 要素で囲んでスタイルする。

<div class="prettifydiv">
    <pre class="prettyprint linenums:3">
           ソースコードを記述
    </pre>
</div>

pre タグを使用するので「overflow: auto;」や「 white-space: pre-wrap; 」を指定。

スタイルの例(prettify.css)

/* desert scheme ported from vim to google prettify */
pre.prettyprint { display: block; background-color: #333 }
pre .nocode { background-color: none; color: #000 }
pre .str { color: #ffa0a0 } /* string  - pink */
pre .kwd { color: #f0e68c; }
pre .com { color: #87ceeb } /* comment - skyblue */
pre .typ { color: #98fb98 } /* type    - lightgreen */
pre .lit { color: #cd5c5c } /* literal - darkred */
pre .pun { color: #fff }    /* punctuation */
pre .pln { color: #fff }    /* plaintext */
pre .tag { color: #f0e68c;  } /* html/xml tag    - lightyellow */
pre .atn { color: #bdb76b;  } /* attribute name  - khaki */
pre .atv { color: #ffa0a0 } /* attribute value - pink */
pre .dec { color: #98fb98 } /* decimal         - lightgreen */

/* Specify class=linenums on a pre to get line numbering */
ol.linenums{margin-top:0;margin-bottom:0;}
/*li.L0,li.L1,li.L2,li.L3,li.L5,li.L6,li.L7,li.L8{list-style-type: none;}*/
li.L0,li.L1,li.L2,li.L3,li.L4,li.L5,li.L6,li.L7,li.L8,li.L9{border-left:solid 1px #EBB15E; padding-left:0.5em;color: #999;}

@media print {
  pre.prettyprint { background-color: none }
  pre .str, code .str { color: #060 }
  pre .kwd, code .kwd { color: #006; font-weight: bold }
  pre .com, code .com { color: #600; font-style: italic }
  pre .typ, code .typ { color: #404; font-weight: bold }
  pre .lit, code .lit { color: #044 }
  pre .pun, code .pun { color: #440 }
  pre .pln, code .pln { color: #000 }
  pre .tag, code .tag { color: #006; font-weight: bold }
  pre .atn, code .atn { color: #404 }
  pre .atv, code .atv { color: #060 }
}

/* 以下は追加のスタイルの例 (環境に応じて)*/
.prettifydiv{
  max-width: 650px;
  margin: 1em 0 3em;
  font-size: 14px;
}

pre.prettyprint {
  margin: 10px 0;
  border: none;
  overflow: auto;
  padding: 0 1em;
  z-index : 10;
  white-space: pre-wrap;  
  border-radius: 4px;
  width: 95%;
}

pre.prettyprint ol {
  padding-left: 1.8em;
  padding: 1em 0 1em 1.8em;
}

CSS のシンタックスハイライト

CSS のシンタックスハイライトはダウンロード解凍した「lang-css.js」を使用すると、少し綺麗に表示してくれるみたい。

「lang-css.js」を追加で読み込み。(または、prettify.js に lang-css.js の内容を追加する。このほうがファイルを別々に読み込まなくて済む)

<script src="../prettify/prettify.js"></script> 
<script src="../prettify/lang-css.js"></script><!-- 追加 -->
<script>
  prettyPrint(); 
</script>
</body>

pre タグにクラス「lang-css」を追加。

<div class="prettifydiv">
    <pre class="prettyprint lang-css">
        pre.prettyprint { display: block; background-color: #333 }
        pre .nocode { background-color: none; color: #000 }
        pre .str { color: #ffa0a0 } /* string  - pink */
        pre .kwd { color: #f0e68c; }
        pre .com { color: #87ceeb } /* comment - skyblue */
        pre .typ { color: #98fb98 } /* type    - lightgreen */
    </pre>
</div>

「lang-css.js」を使用した場合の表示。

google-code-prettify_07

「lang-css.js」を使用しない場合の表示。

google-code-prettify_08

HTML のシンタックスハイライト

HTML の場合、そのままソースを記述してしまうと、HTML 要素として解釈されてしまうので、< や > は変換(エスケープ)しておく必要がある。

長い HTML の場合、いちいちエスケープして記述するのは面倒なので、「HTML Encoder / Decoder」のようなサービスを利用するか、以下(convert.html)のようなページを作成して、テキストエリアに入力した HTML ソースを変換して表示するというのも1つの方法。但し、これはあくまでローカル環境で使用するのを前提(マークアップやスタイル等は参考程度に)。

関連ページ:HTML ソースのエスケープ処理

convert.html convert.html

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>変換(エスケープ)処理</title>
<style>
#content {
  margin: 20px auto;
  width: 100%;
  max-width: 900px;
}
h1 {
  font-size: 20px;
}
textarea {
  width: 95%;
  margin: 10px auto;
}
#escapeHTML {
  width: 95%;
  border: 1px solid #ccc;
  border-radius: 4px;
  padding: 10px;
  display: none;
  background-color: #efefef;
  font-family:"Lucida Console", Monaco, monospace;
  white-space: pre-wrap;
  overflow: auto;
}
</style>
</head>
<body>
<div id="content">
  <h1>変換(エスケープ)処理</h1>
  <p>HTML ソースを入力</p>
  <div>
    <textarea id="input" rows="10" cols="60">
    </textarea>
  </div>
  <button id="convert">変換</button>
  <button id="clear">クリア</button>
  <div>
    <pre id="escapeHTML"></pre>
  </div>
</div>
<script src="http://code.jquery.com/jquery-1.10.1.min.js"></script> 
<script>
jQuery(function($){    
    var targets = ["&", "<", ">" ,'"', "'"];
    var escapes = ["&amp;", "&lt;", "&gt;", "&quot;", "&#39;"];

    $('#convert').click(function() {
        var converted = $('#input').val();
        for(var i=0; i<targets.length; i++){      
            converted = converted.replace(new RegExp(targets[i], 'g'), escapes[i]);
        }    
        $('#escapeHTML').text(converted).css('display', 'block');
    });  
  
    $('#clear').click(function() {
        $('#input').val('');  
        $('#escapeHTML').text('').css('display', 'none');
    });      
});
</script>
</body>
</html>

テキストエリアに HTML ソースを入力して「変換」というボタンをクリックすると、エスケープされた文字列が表示される。

エスケープ対象の文字は「<」「>」「"」「'」「&」の5つ。