PHP

PHP 関連のメモ

Google reCAPTCHA を使ってみる(コンタクトフォーム)

2016年2月14日

コンタクトフォームで Google が提供するキャプチャ「reCAPTCHA」を使ってみたので、その使い方や設定に関するメモです。 目次 reCAPTCHA を利用するサイトの登録 reCAPTCHA の API をサイトに導入するには、reCAPTCHA 公式ページでサイトを登録する必要があります。また、そのためには Google のユーザーアカウントが必要です。 ページの左側の「Create an API Key」のリンクをクリックして表示されるページで登録することができます。 Google のアカウントにログイン後、以下のページで登録します。 La…

続きを読む

コンタクトフォームの作成(PHP)

2013年11月18日

PHP を使ったコンタクトフォームの作り方のメモ。 (2016年2月14日 全面的に書き換えました。) 目次 基本的なコンタクトフォーム このコンタクトフォームは「入力ページ → 確認ページ → 完了ページ」の順で遷移します。 サンプル1(メールは送信されません) ページデザイン 入力ページ ユーザーが「名前」「e-mail」「件名」「問い合わせ内容」を入力するページです。 スパム防止のために、画像認証機能(Securimage)を付けます。(reCAPTCHA を使ったサンプルもあります) 確認ページ 入力された値を確認・検証して、不備がある場合は、エ…

続きを読む

ユーザー定義関数(PHP)

2013年11月17日

PHP でのユーザー定義関数に関する基本的な事項のメモ。 ユーザー定義関数の構文 ユーザー定義関数( h() )の例 次の関数(htmlspecialchars)のパラメータを毎回指定しなくても良いようにする例。また関数名も長いので短くすることで記述が簡単になる。 以下のように定義しておけば、上記の関数は「h(変換される文字列)」で呼び出せる。 変数のスコープ 変数には、その変数が有効な(利用できる)範囲があり、それを「変数のスコープ」という。 通常の変数はプログラムのどこでも有効で、これを「グローバル変数」という 関数定義内にある変数は、その関数の定義…

続きを読む

クッキーとセッション

2013年11月17日

クッキーとセッションに関するメモ。 クッキー クッキー Cookie Web サーバーから送信したデータを Web ブラウザに保存するための仕組み。テキストデータをユーザーのブラウザに保存することができ、ブラウザに保存されたデータは、次回のリクエスト時に Web サーバに自動的に送信される。 クッキーとは、クライアント側に保存可能な小さなテキスト クッキーで管理されたデータは、クライアント側で自由に削除したり改ざんしたりすることが可能なので、クッキー情報を元にアプリケーション全体の挙動を左右するような判定を行うのは危険 実データがネットワーク上を流れるの…

続きを読む

PHPでベーシック(Basic)認証をかける

2013年6月21日

.htaccess の設定をせずに、php の関数として認証をかける方法のメモ。(ベーシック認証は、パスワードがそのままHTTPのネットワークを流れるので、盗聴などセキュリティ上の危険性がある。) PHP による HTTP 認証 header() 関数を使うと、 “Authentication Required” メッセージをクライアントブラウザに送ることができる。 これにより、クライアントブラウザではユーザー名とパスワードの入力要求 ウインドウがポップアップ表示される。 一度、ユーザーがユーザー名と パスワードを入力すると、PH…

続きを読む

PHP で Basic 認証のパスワードを作る

2013年4月19日

Basic認証の場合、パスワードは crypt() 関数を使って簡単に生成できる。 書式: crypt(“暗号化する文字列”, “任意の2文字”); 単純にPHP ファイルに、以下のように記述して、ブラウザでプレビューできる。 また、以下のページを作成し、フォームの id (user name) と password に値を入力すると「id:password」という形式でパスワードを出力することができる。 サンプル

続きを読む